2012年9月17日月曜日

NonStopIPDL Ver.0.0.1β を公開しました

 日本特許庁の公式検索サイト・IPDLで公開されている特許公報や審査書類を、ワンクリックで(ダイレクトに)開くプログラムを試験的に公開しました。
 『ちょっと気になった番号の特許公報を読みたい』『ちょっと審査過程を確認したい』などの、ちょっとした用途を想定しています。

 現状かなり荒削りな作りですが、バグや要望などありましたらコメント頂けると幸いです。

【おしながき】

  • 使い方
  • 公報番号の入力規則
  • 制限・仕様など
  • 既知のバグ
  • ダウンロード

【最初に】

 Windows8以外の場合、プログラムの動作に別途 .NET Framework4.0をインストールする必要があります。
 未インストール場合には、Microsoftの .NET Framework 4.0 のページよりダウンロード・インストールしてください。

【使い方】


  • 画面左端の特許公報の番号を入力してください。
  • 見たい書類のボタンをクリックしてください。
    • [公報] のボタンをクリックすると、公報のページを開きます。
    • [審査書類] のボタンをクリックすると、審査書類のページを開きます。

【番号の入力規則】

入力方法は、一般的な公報番号の記載法のほか、IPDLの入力法が使えます。
 例えば、特許公開公報2003-003123号であれば、以下のような入力が可能です。
  • 西暦-番号  (例: 2003-3213)
  • 特開西暦-番号 (例: 特開2003-3213)
  • A西暦-番号  (例: A2003-3213)
さらに、
  • 和暦(例えば、H12,平12など)の記載もOKです
  • 番号の後ろに「号公報」などの記載があってもOKです
  • 全角・半角はどちらでも/混在していてもOKです
  • 文字の途中に空白が入っていてもOKです

【制限・仕様など】

  • たぶん特許公開公報しか開けません
    • 特許番号や再公表番号などを入れるとエラーが出るかもしれません。
    • 対応する文献種別は要望に合わせて今後増やしていきたいと思っています。
  • 暫定的に、公報・審査書類のページをダイレクトに開ける回数を、
    1日あたり10回までとしています
    • 不正利用やバグによりIPDLに過負荷がかかることを避けるため
    • 11回目以降は、IPDLの検索サービス一覧のページを開きます
    • 開いた回数をカウントするため、ボタンクリック時にサーバ(activate4ipdl.appspot.com)にアクセスしています。PCの識別には、MACアドレスと日付に基づくハッシュ値を用いています。
  • 2012年10月31日まで利用可能です
    • それ以降は、使用できなくなります。
    • それまでに新しいVersionを作成・配布する予定です。

【既知のバグ】

  • Windows8 (IE10)では、公報のページをダイレクトに開けません。
    • 公報を開くためにはワンクリック余分に操作が必要です。

【ダウンロード】

 下記リンクからダウンロードしてください。