2014年3月7日金曜日

vbac のGUIフロントエンドを作りました

【まえがき】

VBAのソースコードを保守し易くするためのツール vbac - ClockAhead 開発Blog  で紹介したvbac (vba is not VBA Compiler)の新Versionが公開され、色々と便利機能が増えたので、より手軽に、使いやすくするため、GUIのフロントエンドを作りました。

なお、vbacの公開場所(URL)が、今回の公開から記事の頃と変わっています。
新たなURLは、https://github.com/vbaidiot/Ariawase です。
作者は変わらず、いげたさん(@igeta)です。

【概要】

vbacGUI という名称で、Githubにて公開しています。
画面概要
(上から順に、vbac のオプション、vbacのコマンド、ptのコマンド)

vbacの使い方(VBAコードをエクスポートする場合)
※ 必要に応じて、Optionでソースフォルダとバイナリフォルダを指定してください。

ptの使い方

【機能】

  • vbacのオプションを一通り、GUIから設定できます。
  • ソースディレクトリ、バイナリディレクトリを、Explorerで開けます。
  • ソースディレクトリを対象として、pt で手軽にGrep検索が可能です。

【注意】

  • 一通りの機能が使えることは確認していますが、現状β版です。
  • ソースコードは、https://github.com/dck-jp/vbacGUI で公開しています。
    • バグなどは、fixして頂けると助かります。

【ptについて】

pt (the Platinum Searcher)は、Linuxなどで利用されているgrep, ack. ag(The Silver Searcher) などのgrepツールの最先端を行く次世代の高速Grep検索ツールです。

grepより高速なack, agと同等かそれ以上の高速性、agと同一の構文(正規表現を用いて検索可能)、日本語環境におけるコード検索に適したデフォルト設定などが特徴です。

ptについて、詳しくは、下記公式記事をどうぞ。

【余談】

vbacGUIのGUIには、WinFormsでModern UI (旧称 Metro UI)を実現できるMetroFrameworkというライブラリを用いてみました。
NuGetから一発インストールできる上、基本的にはMetroFormクラスを継承させるだけで外観を変えれるので導入は、お手軽です。