2014年8月14日木曜日

C3 クレームチャートの自動生成プログラム v0.1.0β

前書き


先日、下記記事に記載したように、特許明細書のテキストデータから、クレームチャートを作るプログラム(C3; Claim Chart Creator)を作りました。
さらに、下記記事に記載のように、イ号との対比(侵害品の検討)以外にも、中間処理(拒絶理由対応)にも使えるように、少し改良を加えました。
公開したところ、今回のプログラムの元となった、オリジナルのExcelファイル制作者のM,Takeshiから色々アドバイスを頂いたので、いろいろ改良を加えました。

ダウンロード

http://www.clockahead.com/soft/C3/
からダウンロードできます。
(ある程度完成した後、Vectorで公開予定です。)

変更点

ユーザーが設定できること


  • 出力するクレームチャートのタイトルを設定できるようになりました。
    • 設定した文字は、A1セルに代入されます
  • 出力するExcelファイルの、ベースとなるファイル(テンプレートファイル)を指定できるようになりました。
    • イ号対比用のテンプレート、中間処理用のテンプレートなど用意しておくと便利かもしれません。
  • 出力フォルダを指定できるようになりました。
    • お好きな場所へ出力して下さい
    • これで、ProgramFiles下にC3を配置してもOKです
  • 出力ファイル名を変更しました
    • output_日付_時刻.xlsx となります
    • これで、連続生成しても大丈夫です
  • Excelファイル生成後、Excelで開くか設定できるようにしました。

その他

  • アイコンが付きました
  • あと何かあったかもしれませんが忘れました

ダウンロード

http://www.clockahead.com/soft/C3/
からダウンロードできます。
(ある程度完成した後、Vectorで公開予定です。)