2014年8月14日木曜日

C3 クレームチャートの自動生成プログラム v0.1.0β

前書き


先日、下記記事に記載したように、特許明細書のテキストデータから、クレームチャートを作るプログラム(C3; Claim Chart Creator)を作りました。
さらに、下記記事に記載のように、イ号との対比(侵害品の検討)以外にも、中間処理(拒絶理由対応)にも使えるように、少し改良を加えました。
公開したところ、今回のプログラムの元となった、オリジナルのExcelファイル制作者のM,Takeshiから色々アドバイスを頂いたので、いろいろ改良を加えました。

ダウンロード

http://www.clockahead.com/soft/C3/
からダウンロードできます。
(ある程度完成した後、Vectorで公開予定です。)

変更点

C3 クレームチャートの自動生成プログラム v0.0.2β

前書き

先日、
に記載したように、特許明細書のテキストデータから、クレームチャートを作るプログラム(C3 : Claim Chart Creator)を作りました。



オリジナルのExcelシートは、イ号との対比用でしたが、せっかくなので中間処理(拒絶理由対応)にも使えるように、少し改良を加えました。

ダウンロード

からダウンロードできます。
(ある程度完成した後、Vectorで公開予定です。)

変更点

クレームチャート(イ号対比表)の自動生成プログラム

前書き

先日、M.Takeshi さんが
IPDLで公開されている特許明細書のテキストデータから、
クレームチャートを自動生成するExcelファイルをご厚意で一般公開されました。
このxlsファイル、クレーム(テキストデータ)を2枚目のシートに貼り付けると、1枚目のシートにクレームチャート(イ号との対比表)を自動生成してくれます。

クレームチャートの出力結果

なんとなくモヤモヤしたところ

このxlsファイル、手作業でクレームチャートを作ることに比べれば、大変便利なのですが、
  • 入力データの制限が気持ち厳しい
    • 特許請求の範囲の【請求項1】以降の部分だけを貼り付ける必要あり
    • 自分が確認した範囲では、【請求項*】の直後に改行なしで続けてクレームが記載されておらず、かつ、構成要件ごとに改行されているテキストデータならOK
    • 構成要件ごとに改行されていない場合、一旦編集が必要
という点が、ちょっとめんどくさいなと思い、ひとまずWindowsアプリケーションにしてみました。
アプリ化の許可を下さったM.Takeshi さん、ありがとうございます。

作ったもの